fog linen work (フォグリネンワーク) のリネン(亜麻)

ミルエクラ.千葉県佐倉市のお花屋さん



フォグリネンワークの商品を生産しているリトアニアは

バルト三国の一国でロシアの西、ポーランドの北に位置しています。



緯度は北海道と同じくらい、夏は暑く冬は寒いという寒暖差の大きい気候が

リネンの原料であるフラックスの栽培にとても適しています。



リトアニア


また、フラックスを栽培するだけではなく、その繊維から糸を紡いで生地を織り、

衣類やハウスリネンに仕立てて製品化する技術経験も豊か。




仕立てた製品は中世の時代にヨーロッパ各国へ輸出されるところから始まり、現在では世界中に広がっています。







フォグリネンワークのリネンは普段使いがテーマ



リトアニアリネンは一般的にアイリッシュリネンやフランスリネンとして市場に出ている商品と比べると

価格が安いことから、品質が低いのでは?と思われるかもしれないのですが

そんなことは全くありません。




価格の差は、原料のフラックスをどのような糸に加工して、どのような生地を織るか、またその過程で

必要とされる人件費、最終的な商品のデザインによって生じます。





アイリッシュリネンというと、細い糸で織られた繊細な生地を想像されると思います。

特別な時に使いたいとっておきの一枚とお考えになる方もいらっしゃいます。




リトアニアリネンにもアイリッシュリネンのような繊細な生地もあるのですが

fog linen work の製品は普段使いがテーマ。


用途に合わせていろいろな生地を使い分けつつも


『普段使いとして安心してお使いいただける品質のもの』


を選んでいます。




キッチンクロスやエプロンなどには丈夫でジャブジャブ洗えるもの。

ハンカチやウェア類には細い糸で織られた繊細な生地を使用しています。



ミルエクラ.千葉県佐倉市のお花屋さん



毎日つかうものだからこそ

「気兼ねなく」「気持ちよく」

お使いいただければと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する